第11回オンラインセミナー「英国の孤独・孤立対策」

オンラインセミナー

第11回オンラインセミナー

「英国の孤独・孤立対策」開催のお知らせ

 当事務所では、幅広い分野で活躍されている方々を講師に招き、欧州における「状況」「ニーズ」「考え方」などの情報をお届けしております。

 2018年、英国は世界初の「孤独担当大臣」を任命しました。

 同国では、成人の2割に相当する900万人以上が恒常的に孤独を感じているという調査結果が出ています。各種の試算によれば、孤独がもたらす医療コストは10年間で一人あたり推計6000ポンド、孤独が原因の体調不良による欠勤や生産性の低下などによる損失は年間25億ポンドに上るとされており、社会問題としての国を挙げた対策が急務となっているところです。

 日本でも今年の2月に「孤独・孤立対策担当大臣」が任命され、地方自治体においても孤独・孤立対策の推進が一層求められるものと予想されます。本セミナーでは、英国をはじめ各国の孤独・孤立対策を研究する研究者の視点から、最新情報をご紹介いただきます。

日 時:2021年12月9日(木)16:30~17:30(日本時間)

講 師:ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン上級研究員 ノリコ・ケイブル氏

配 信:ZOOM

 申込方法:下記登録フォームよりお申込ください

   https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_f2uxSHsBSs2J_Lz8xzdWcQ

※お申し込みいただいた皆様には、「 JLGC London <no-reply@zoom.us> 」より登録完了メールが送信されます。当日のセミナーは、登録完了メール中のリンクからご参加・ご視聴ください。

期間限定見逃し配信


過去の実績

日付テーマ講師報告書等
2021/11/4「デンマークからなぜ市民やユーザーにやさしいサービスが生まれるのか ―政策×デジタル×デザインの視点からー」デンマーク王国大使館 商務部 上席商務官 上郡 明子氏資料(PDF)
報告書(PDF)
2021/10/25「英国における行政のデジタル化について–英国政府・ブリストル市の取組み– 」英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン School of Public Policy修士課程 陸川 諭氏 ​資料(PDF)
報告書(PDF)
2021/10/7「多様性を活力とした持続可能なまちづくり~外国系市民が活躍するドイツ・エアランゲン市のまちづくりに対する価値観から学ぶ~」ドイツ・エアランゲン市在住ジャーナリスト 
高松 平藏氏 ​
資料(PDF)
報告書
2021/8/26「コロナに負けない海外プロモーション戦略-英国での30年の実績から-」CROSS MEDIA LTD. PRチームマネージャー村上雅子氏、食事業マネージャー佐々木祐子氏、イベントチームマネージャー安藤美香氏資料1(PDF)
資料2(PDF)
資料3(PDF)
報告書(PDF)
2021/7/14「英国からの訪日旅行の現状と展望について」JNTOロンドン事務所 次長 直井 辰徳・資料(PDF)
・報告書(PDF)
2021/6/29「地域のスタートアップ支援について=欧州の事例から」CROSSBIE 代表 山本 知佳資料(PDF)
報告書(PDF)
2021/5/26「日本の地域の魅力を、ロンドンから」 Japan House London 館長 マイケル・フーリハン氏、企画局長 サイモン・ライト氏資料(PDF)
報告書(PDF)
2021/4/22「欧州―日本 離れていても伝わる、日本の工芸品の魅力」式会社ライヴス  ロンドン拠点  デザインショップ wagumi
牟田園 涼子 氏
・資料(PDF)
報告書
2021/3/22「ロンドン・ニューアム地区における統合(多文化共生)への取組み-新宿との比較分析から」英国アングリアラスキン大学 博士課程 大山彩子氏・資料(PDF)
報告書(PDF)
2021/2/10「英国における日本酒市場」〇 酒サムライ英国代表 
  日本酒造組合中央会UKデスク 吉武 理恵 氏
〇 JETROロンドン事務所 農林水産・食品部長 飯田 俊平 氏
〇 在英国日本国大使館一等書記官 片岡 修平 氏
報告書(PDF)