Japan Local Government Centre (JLGC) : London > 調査・研究 > 地方自治体等訪問 > パリッシュ(Sevenoaks Town Council)の概要

調査・研究

地方自治体等訪問

パリッシュ(Sevenoaks Town Council)の概要

2010年09月22日 

2010年9月17日に、パリッシュ(法律上の準自治体)であるSevenoaks Town Councilを訪問しました。次のとおり、調査概要を報告します。

<Sevenoaks Town Councilのなりたち>
・Sevenoaks Town Councilはロンドン南東部に隣接する、Kent County Council-Sevenoaks District Councilの下にあるパリッシュ。ロンドン中心部からは電車で30分の距離にある。
・1973年以前はSevenoaks Rural DistrictとSevenoaks Urban Districtが自治体として存在していた。この2つが1972年地方自治法によって合併してSevenoaks District Councilとなったときに、同時に同法に基づいてSevenoaks District Councilのパリッシュの一つとして設置された。
・Sevenoaks の名前の由来となった7本の樫の木はもう存在していないが、町のシンボルとして7本の樫の木を植える試みが続けられており、イギリスで最も古いとされるSevenoaks Town Council内にある「The Vine」というクリケット場には、7本の樫の木が植えられている。

<Sevenoaks Town Councilの組織>
・公選により選出された20名弱の議員と事務部局からなる。
・議員の中から1名のMayorが選出され、Sevenoaks Town Councilの代表者としての仕事を行う。また事務部局の長としてChief Executiveという職が置かれている。(County やDistrictの一般的な組織構造に似ている)
・議員の中には、Sevenoaks District Councilの議員と兼職している者も存在する。
・Town Council本体の建物は小さな平屋建てで、半分が議場、半分が事務室となっている。
・Town Council本体の建物が位置する敷地内には、英国赤十字の建物もあり、Sevenoaks Town Councilが敷地を英国赤十字に貸し付けているとのことであった。ただし貸し付けているといっても、赤十字は公的な団体であり、Town Councilのイベント等に救護班を派遣してくれたりすることから、賃料はとらず無償貸与している。
・事務部局職員は、パートタイム職員が多い。Town Councilの業務の一部に、スポーツ事務の管理運営もあることから、同スポーツジムでの様々な体操講座の講師もこれらパートタイム職員に含まれる。また、庭木の手入れを行う職員も雇用されている。

<Sevenoaks Town Councilの主な業務>
①「The Vine」の維持管理
・「The Vine」とは、Sevenoaks Town Council内にあるイギリスで最も古いとされるクリケット場である。クリケット用の広い芝生の広場と小さなクラブハウスからなる。Sevenoaks Town Councilがこれを所有し維持管理を行っている。ただし、芝生の広場部分は地域のクリケットクラブが維持管理を行っている。
・クラブハウスの一部は、Sevenoaks Town Council 現Mayorの父の寄付により建設されたものである。
・The Vineに隣接して小さな庭園があるが、この庭園もSevenoaks Town Councilの所有で、手入れもTown Councilが行っている。

②市民農園の管理運営
・Sevenoaks Town Councilが所有する土地を160区画に分けて、希望者に市民農園として貸し出している。実際には、ボランティア団体に管理運営業務を委託している。
・基本的には、1区画を年間20ポンドで貸付け、借り手は規則の範囲内で好きな作物を栽培できる。現在は約60名が区画の割り当てを待っているほど需要過多な状態である。希望によっては、1区画をさらに2分割または3分割して貸す場合もある。
・1区画あたり20ポンドの賃料は、ボランティア団体の収入となり、市民農園全体の管理運営のために充てられる。また、この収入のうち年間90ポンドがSevenoaks Town Councilの収入となる。
・管理を行っているボランティア団体の組織の一部として、市民農園の利用についての監視を行う委員会が設けられている。この委員会が利用状況についての監視を行い、十分な手入れがなされていない場合など利用が不適切な場合は委員会の決定により利用権が剥奪されることもありうる。
・国の法律等においてこうした市民農園について特段の規制はないが、同ボランティア団体が定める利用規則において、家畜飼育の禁止、栽培した作物の販売禁止等詳細な事項が定められている。
・訪問時、市民農園ではワイン用のブドウ、花卉、様々な野菜が栽培され、区画によっては小さな温室を設置しているところも見られた。
・Sevenoaks Town Council内には、他の地区にも市民農園があり、Sevenoaks Town Councilが直接管理を行っている。同ボランティア団体は、この市民農園についても管理を受託したいとしてSevenoaks Town Councilに委託を要請している。

③Stag Community Arts Centreの管理運営
・以前、Sevenoaks District Councilが管理運営を行っていたStag Community Arts Centreの管理運営を2009年1月からSevenoaks Town Councilが引き継いでいる。Stag Community Arts Centre はDistrict Council管理下で二度、倒産した経緯があるがSevenoaks Town Councilの住民が事業の廃止に反対しStag Community Arts Centreの存続を強く希望したことから、Sevenoaks Town Councilが事業を引き継ぐこととなった。
・Stag Community Arts Centreには、映画館と多目的ホール、メインホールがある。映画館では、子ども連れの家族が楽しめるような映画が民間の映画館と同じようなかたちで上映されている。多目的ホールには、小さな舞台や大きな丸テーブルを約10テーブルほど設置できる。バーカウンターやキッチンも備えられていることから、食事を伴う会議等、様々な用途に活用できる。メインホールは、日本の市民ホールのようなかたちで、大きなステージと壇上になった観客席からなる。
・Sevenoaks District Council管理下では、組織が大きいために意思決定が遅い、Centreの赤字体質を倒産になるまで放置していた等の問題点があったことから、Sevenoaks Town Councilは、Centreの収支を常時注視し、赤字が続く状態に陥った場合にはすぐに改善策を講じるようにしている。また200人規模のボランティアを活用し、Centreの運営にかかる経費を節減する努力をしている。District Councilよりも組織が小さいことで、Town Councilには地域のニーズに応えるための意思決定が迅速に行える強みがあると考えられている。
・Centreのカフェテリアでは、地元の芸術家が書いた絵が壁一面に飾られ、販売されていた。売上げの一部はSevenoaks Town Councilの収入になるとのことであった。

④都市計画の許認可及びTown Council所有の土地の管理
・Sevenoaks Town Council議会の重要な役割の一つとして、都市計画申請の許認可がある。新たな建築物を建設する場合はもちろんのこと、家の屋根の形を変えたい場合や、大きな木を切りたい場合にもTown Councilの許認可が必要となる。このような修理等を行いたい住民はTown Councilに申請を行い、Town Councilは定期的に開く議会において申請を受理するかどうかを決定する。また、議会の5日前には、次回の議会における議題として申請内容が掲示板等を通じて公表される。
・その他のTown Councilが所有する土地についても、Town Councilの景観を美しく維持することに主眼を置いた管理がなされている。例えば、ある程度の広さのある道路沿いの土地も、売却せずに芝生の広場として残すことで、緑の多い美しい町としてTown Councilを維持している。

<歳入及び歳出>
・主な歳入はカウンシル・タックスによるもので、Sevenoaks Town Councilとして必要な額のカウンシル・タックスをSevenoaks District Councilが徴収するカウンシル・タックスに上乗せするかたちで徴税する。District Councilとの関係はこの徴税関係においてのみで、その他の場面においてDistrict Councilから指導、監督が行われることはない。これは、Town CouncilがDistrict Councilとは全く異なる事務を行っているためである。
・使用料も重要な財源であり、特にStag Community Arts Centreは、District Council及びTown Councilからの少額の補助金を除けば、ほぼ使用料を財源として運営されている。
・Stag Community Arts Centreの運営のために、Sevenoaks Town Councilの歳出総額に占める税収額は他のパリッシュと比較すると小さくなっており、この点においてSevenoaks Town Councilは特殊なパリッシュであると言うことができる。

<その他>
①Town Council本体の建物について
・Town Council議場では、宗教によらない結婚式、生まれた子どもを歓迎する儀式を執り行うことができる。このために必要な資格をTown Council議場はKent County Councilから取得しており、その証明書が議場入口に掲げられている。
・その他、結婚記念日の祝事を行うためにも議場を貸し出している。

ページの先頭へ