Japan Local Government Centre (JLGC) : London > 調査・研究 > 地方自治体等訪問 > バジルドン市訪問(都市再生政策、バジルドン・スポーツビレッジを視察)

調査・研究

地方自治体等訪問

バジルドン市訪問(都市再生政策、バジルドン・スポーツビレッジを視察)

2010年09月30日 

2010年9月17日にロンドンの東、エセックス県内にあるバジルドン市を訪問しましたので、下記のとおり概要を報告します。

【バジルドン市概要】
・ロンドンの東、約43kmに位置している。市の人口は約17万人。
・ロンドンまで電車で35分、高速自動車道路M 25へのアクセスが便利でスタンステッド空港へは車で約45分、ロンドンシティ空港へは約50分、ガトウィック空港へは約1時間である。建設中のヨーロッパ最大規模となるロンドン・ゲートウェイ港へも約6.4kmと好アクセスである。
・フォード社の研究開発拠点があり(研究開発支出は年間10億ポンド)、農業機械メーカーのNew Holland Agriculture社、情報通信のFirst Data社、電子部品のMK Electric社、コニカミノルタ社などの企業が進出しており、7万5千人の雇用を生み出している。
・2009年にバジルドン市の幹部が中国江蘇省常州市政府を訪問し(エセックス県と江蘇省が友好都市であることがきっかけ)、今後の両市の企業との取引を視野に入れた経済交流連携を開始した。インドの自治体とも同様に経済を中心とした連携を結びたいと考えている。

【都市再生政策】
・バジルドン市はテムズ・ゲートウェイ再開発地域の一部であり、現在、市内中心部のバジルドン地区(バジルドン駅前の地域)とバジルドン・スポーツビレッジを中心とした都市再生政策を実施している。
・バジルドン地区における予算10億ポンド、20年間の再開発計画では既に実施又は建設許可を受けている700戸に加えて1900戸の住宅、宿泊施設、小売店舗やレジャー施設、オフィス等の開発が予定されている。

【バジルドン・スポーツビレッジ】
・3,800万ポンド(約51億3千万円)のプロジェクトである。東イングランド最大のスポーツ施設として、地域の人々の健康増進とスポーツの機会を提供することを目的とし、同時に2012年のロンドンオリンピックでの各選手団のトレーニング地誘致を目指している。最新の設備とオリンピック会場までの近さ(電車で30分)が最大の強みである。
・2009年10月に着工を開始し、2011年4月に完成予定。中心施設は50メートルのスイミングプール、地域の体操競技のトレーニング拠点となる体育館、100台の機器を設置するフィットネススペース、多目的ルームなどから成る施設である。
・スイミングプールは25メートルずつ仕切ったり、深さを調節したりでき、国際大会から幅広い年齢層の地域の住民の利用まで様々な目的での使用を考慮している。450人収容の観客席がある。
・体育館の多目的スペースではバレーボール、バスケットボール、卓球、レスリング、柔道、バドミントンなどのスポーツのためにも使うことができる。屋外には陸上競技場、サッカー場も整備する。
・宿泊施設はないが、周辺にホリデイ・インやプレミア・インなどのホテルがある。また、近くにMRIやCT機器を備えた病院があり、緊急時の体制も整っている。

【建設中のバジルドン・スポーツビレッジの施設】

体育館の多目的スペース
gym

陸上競技場
track

50mのスイミングプール
pool

ページの先頭へ