Japan Local Government Centre (JLGC) : London > JETプログラム > JETAA (同窓会組織) > 2012年度出発前オリエンテーションに参加しました。

JETプログラム

JETAA

2012年度出発前オリエンテーションに参加しました。

 2012年7月12~13日にブルネル大学で開催された、出発前前オリエンテーションに参加しました。
 その概要について報告します。

P1000766

 今年度で第26回目となるJETプログラムの新規参加者のうち、英国での厳しい審査をパスした142名が、それぞれ国際交流員(CIR: Coordinator for International Relationship)や外国語指導助手(ALT: Assistant Language Teacher)として日本に赴任します。
 CIRは、県庁や市役所などの行政機関に籍を置き各地方自治体の国際化(外国語講座や姉妹都市交流の企画・実施、外国語の観光パンフレット作成、外国人住民・観光客の支援等)を進めていきます。
 ALTは、様々な学校に赴任し生徒達にネィティブの英語を助手として指導していきます。
 また、彼らは地域に生活していくことで、地域住民の人達との交流も行っていきます。
 今年度、英国からは3名のCIRと139名のALTが日本に向けて出発します。彼らは日本中の大きな街から山間部や離島まで様々な地域に赴任しますが、まだ日本に行ったことがない人も少なくありません。
 そこで、日本で働くための心構えや生活の仕方、日本語などを事前に習得することで、着任直後からプロフェッショナルとして働けるように、7月12・13日の両日、在英国日本国大使館主催で研修会が開催されました。
 当事務所からは、JETプログラムの概要や彼らが日本に赴任してからのサポート体制、研修体制について説明を行いました。
 この他、自治体職員として働くことの心構えや、必要最低限の日本語、またALT達には学校で働く際の注意事項などが伝えられます。授業に使う素材はどのように用意するか、時間厳守は日本ではあたりまえのことなどのベーシックなことから、小さな生徒たちから「カンチョウ」といういたずらをされるかもしれないというミニ知識まで、実に様々な情報が伝えられます。また、日本語研修においては上級者に対しては敬語の正しい使い方まで講義されています。
 彼らは7月末から8月にかけて日本に向けて出発します。彼らが日本で大いに活躍することと、地域の皆様方が積極的に彼らと交流していただくことを心から期待しています。

ページの先頭へ