JETプログラム

JETAA

英国地域会議が開催されました。

 2013年3月9~10日、JETAAUKの総会が開催されました。JETAAとは正式名称をJET Alumni Associationといい、JETプログラムを終了した有志達で構成された組織です。全世界に52の支部がありますが、英国内にも5以上の支部が存在しており、今回は英国内の支部代表者等が一堂に会し、年に一度の総会を行いました。

pic7

 各支部より1年間の活動の報告や来年度に向けた役員選出など、毎年実施している活動に加え、今年特に注目すべきはJETAA活動自体を見直してみようという試みでした。
JETAAは有志で構成されるボランタリーな組織です。会員の皆さんはそれぞれ仕事や家庭の営みをこなしながらも、「日本が好き」という気持ちをベースに活動してくれています。忙しい毎日の中で、どうすればもっと効果的な活動ができるのかということを探るために、特別ゲストとしてJETAAの会員でもあり、職業として同窓会組織を運営している方を迎え、現状の認識や課題、達成すべき成果などをみんなで意見を出し合い、共通認識を形成していこうという時間が設けられました。

 参加者の中からは、役員や関係機関の人の入れ替わりが多く、なかなか関係が構築できないことや、イベントが多すぎて手がまわらないことなどが挙げられました。
 これを解決するためには、JETAA役員の役割を明確にすることで引き継ぎがうまくいくのではないかとの意見が出され、次の日の役員選出の際には、役職ごとの職務内容を皆で明文化するなど早速改善に向けた取組が行われていました。

「日本が好き」と言ってくれる彼らの気持ちを大事にしながら、これからもJETAAと連携していきたいと思います。

ページの先頭へ