Japan Local Government Centre (JLGC) : London > 調査・研究 > クレア本部メールマガジン > CLAIRメールマガジン vol.173(2017年3月10日)=ロンドンのボランティアプログラムについて

調査・研究

クレア本部メールマガジン

英国

CLAIRメールマガジン vol.173(2017年3月10日)=ロンドンのボランティアプログラムについて

【記事】ロンドンのボランティアプログラムについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロンドンにはTeam Londonというボランティアのプログラムがあります。2012年
に始まったプログラムで、若者からお年寄りまで約25万人が参加しています。
活動分野は、文化・芸術、教育、環境、健康・福祉、スポーツ・レジャーなど
さまざまです。

Team Londonのサイトを活用して、活動可能な時期や興味のある分野、自分の
スキルなどを入力して検索すると、自分にあったボランティア活動を見つける
ことができます。

ボランティアは、様々な年齢、バックグラウンドの人々が一緒になって活動す
ることから、コミュニティのつながりをより強くしようというのがこのプログ
ラムの狙いです。

中でも観光分野では、Team London Ambassadorというボランティアがあります。
毎年、550名のアンバサダーが採用され、トラファルガー広場やピカデリーサー
カスなどの観光スポット、ガトウィック空港といった交通結節点で観光案内を
行います。60種類近くの言語が使用され、実に多様です。Team LondonのNews
letterを通じて、毎年一回の募集があり、採用されると必要なトレーニングを
受けた後、デビューします。また、子どもなどの自分の家族同伴で活動するこ
とは禁じられています。Team Londonのボランティアマネージャーのサポート
を受けられる一方で、プログラムの改善のため、活動についての意見や見解が
求められます。

ロンドン市長のサディク・カーン氏は、ロンドンが博物館、スポーツ会場や劇
場などに恵まれていることを誇りに思い、観光産業の振興は自分の使命として
います。そして、「観光客に対するボランティアの方々のあたたかいおもてな
しは、その一助となる。」とコメントしています。

(ロンドン事務所次長 浅田)

参考サイト

https://www.london.gov.uk/what-we-do/volunteering/improving-social-integration/team-london-ambassadors

ページの先頭へ